【京都鉄道博物館】商品

てん茶まめ

石炭おこし

おこしわっぱ

Concept「鉄道」と「旅」をキーワードとした商品の企画開発


テーマを活かしたユニークな商品でありながら、老舗菓子店とコラボすることで、京菓子の名店の味を楽しめる「見て楽しい、食べておいしい」オリジナルお土産菓子の製造販売を実現。

【台湾祭in京都嵐山2018】イベント運営

Concept京都で初めての台湾祭

台湾祭は、京都の有数の観光名所「嵐山」で台湾の食・芸能・産業・観光などのカルチャーを体験し、味わい、感じてもらうことで相互理解を深め、さらなる国際親善と日台交流を促進することを目的に開催しました。

入場者数:およそ2,000名

【市電ひろば】市電カフェ運営

Concept京都の玄関、JR京都駅に近い「梅小路公園・市電ひろば」には、昭和53年まで運行していた懐かしの「京都市電」の車両があり、ショップや休憩所として親しまれています、そのうちの1両「市電カフェ」を企画・運営しています。
レトロな内装がそのままに残されていて、メニューは京都産のオリジナルドリンクなど、メニューも魅力まんさい。中でも自慢は、完全オリジナル開発の「かたかたつりわぱん」。食べられる吊り輪として、大人から子どもまで大人気です。

【イーワイエス】GOODVINEロゴ、Tシャツ印刷

Clientイーワイエス

関 栄理哉、義哉、真哉からなる、京都市山科区出身の3兄弟シンガーソングライターユニット。
次男の義哉は島田紳助さんプロデュース、元 新選組リアンのリーダー。
それぞれの個性を活かしたヴォーカルパフォーマンス、ギター・サックス・ピアノを中心とした
アコースティックなサウンドが兄弟ならではのハーモニーを引き立て、魅力的な楽曲を構成している。

【市電ひろば】5周年チラシ

Client市電ひろば
Concept京都の玄関、JR京都駅に近い「梅小路公園・市電ひろば」には、昭和53年まで運行していた懐かしの「京都市電」の車両があり、ショップや休憩所として親しまれています、そのうちの1両「市電カフェ」を企画・運営しています。
レトロな内装がそのままに残されていて、メニューは京都産のオリジナルドリンクなど、メニューも魅力まんさい。中でも自慢は、完全オリジナル開発の「かたかたつりわぱん」。食べられる吊り輪として、大人から子どもまで大人気です。

【市電カフェ】カタカタつりわぱん

Brandカタカタつりわぱん
Concept京都の玄関、JR京都駅に近い「梅小路公園・市電ひろば」には、昭和53年まで運行していた懐かしの「京都市電」の車両があり、ショップや休憩所として親しまれています、そのうちの1両「市電カフェ」を企画・運営しています。
レトロな内装がそのままに残されていて、メニューは京都産のオリジナルドリンクなど、メニューも魅力まんさい。中でも自慢は、完全オリジナル開発の「かたかたつりわぱん」。食べられる吊り輪として、大人から子どもまで大人気です。