【市電ひろば】市電カフェ運営

Concept京都の玄関、JR京都駅に近い「梅小路公園・市電ひろば」には、昭和53年まで運行していた懐かしの「京都市電」の車両があり、ショップや休憩所として親しまれています、そのうちの1両「市電カフェ」を企画・運営しています。
レトロな内装がそのままに残されていて、メニューは京都産のオリジナルドリンクなど、メニューも魅力まんさい。中でも自慢は、完全オリジナル開発の「かたかたつりわぱん」。食べられる吊り輪として、大人から子どもまで大人気です。